設計作業に関する情報 建築総合市場では、家づくりを予定する個人の方と、家を建てる業者・職人とを、案内人を通して設計から完成までのサポート・適性価格を目指します。

設計作業に関する情報

無知で進めて泣くよりも、知って賢い建て主に -設計作業編-

家づくりにはこれだけの図面が必要

1.家づくりに必要最低限な図面
設計事務所に設計依頼した場合は、設計図には、依頼主(建て主)の希望、要求、すべてが予算に応じて書き込まれていなければならない。

住いづくりに賭けるあなたの夢(条件)は、設計図にすべて盛り込まれていなければならないし、描き込まれてるものであります。

建て主の要求は、予算上無理な場合も多くある。
しかし、予算の上で可能で図面になれば、その設計図が建て主であるあなたと業者との契約になる。
つまり、将来、トラブルを起した場合、この設計図をもとに、修補を求めていくことができるのである。

設計事務所の設計はもちろんのこと、注文住宅では、業者の設計者にも、次の図面は最低限提出するように要求する。

  • 1)配置図
  • 2)仕上表
  • 3)平面図
  • 4)立体図
  • 5)断面図
  • 6)矩計図
  • 7)構造図(基礎伏図、各階伏図、軸組図 等)
  • 8)電気設備図
  • 9)給排水衛生設備図
  • 10)空調換気設備図
  • 11)地盤調査結果報告書

これ以外に、図面には平面詳細図、展開図、建具表、部分詳細図、外構図、造作家具図などがある。
2.業者提出設計図の確認事項
再度、強調するが設計図は契約書類の一部であり、建て主の権利を守るものである。
工務店あるいは、ハウスメーカーの図面は、建て主の利益より、企業利益優先で図面が記載されてることが多い。

工務店、ハウスメーカー などが作製する設計図は、外注(下請け設計事務所・技術力の低い)が書いてることが多く、図面記載事項に間違いや、建て主が要望した大事なところ が図面に記載されてない場合もあります。

企業によっては、記載内容を建て主(素人)が、チェックしずらい個所に建て主の不利益事項が隠蔽されてる設計図の内容となってることがあるので、できれば建て主は第三者の技術力のある建築士に、チェックを受けながら進めることが望まれます。
3.節目で第三者による工事検査を
監理とは図面通り施工されているか、現場作業(工事内容)を監督する事をいう。
ハウスメーカーの場合は監理とまではいかないまでも、着工直後、基礎工事、棟上げ、竣工引渡しの時点で検査を専門家に依頼して、チェックしてもらうだけでも、欠陥工事 防止の上で安心である。

基礎工事、筋交い取付、住宅が建ち上ってしまうと後からは見られない部分でもあり、構造上(耐久・耐震)いちばん大切な工程(現場作業)である。
検査は現場で工事業者担当者と建て主の立会いのもとで行ない、不都合な個所があれば指摘し、手直しを求める。

この部分は素人ではとくに分からない部分であり、もっとも大切な部分であるから専門家の知識、経験が必要なところである。

欠陥住宅防止の最終的な決め手は、誠実な建築士に工事の検査、または、監理を依頼することである。
第三者の専門家が工事を、チェックすることになれば施工業者は緊張感を持つて仕事をすることになるし、チェックする建築士の責任は重い。

設計作業(図書)・作業の種類・現場管理

1.設計作業(図書)・作業 の種類 ・ 現場監理
1)意匠設計
基本設計・打合せ
確認申請用図面
見積用図面・仕様書
意匠図・全般
行政(確認申請)手続代行
其の他

2)構造設計
確認申請用図面
見積用図面・仕様書
構造図・全般
構造計算書
地盤・地耐力・調査・報告書
耐震調査・補強
其の他

3)設備設計
電気設備図
給・排水衛生設備図
空調・換気設備図
其の他

4)見積・積算
木造(在来工法)
鉄骨造(軽量・重量)
鉄筋コンクリート造
其の他

5)現場監理
木造(在来工法)
鉄骨造(軽量・重量)
鉄筋コンクリート造
直営・部分発注
其の他
2.建築基準法・担当役所手続き用図面
建築基準法(施行規則第1条の3:確認申請書の様式)上要求されてる「建築確認申請」手続に必要とされてる図面の種類は建物の構造・規模等によって次の図面です。

(い)付近(現場)見取図
方位、道路及び目標となる地物

配置図
縮尺、方位、敷地境界線、敷地内における建築物の位置、申請に係る建築物と他の建築物との別、擁壁、井戸及びし尿浄化槽の位置、土地の高低、建築物の各部分の高さ並びに敷地の接する道路の位置及び幅員(ま)(ゆ)

各階平面図
縮尺、方位、間取、各室の用途、壁及び筋交いの位置及び種類、通し柱、開口部及び防火戸の位置並びに延焼のおそれのある部分の外壁の構造

し尿浄化槽の見取図(設置建物のみ)
し尿浄化槽の形状、構造及び大きさ(ま)

(ろ)二面以上の立面図
縮尺、開口部の位置並びに延焼のおそれのある部分の外壁及び軒裏の構造(法第62条第1項本文に規定する建築物のうち、耐火建築物及び準耐火建築物以外のものについては、縮尺、開口部の位置及び構造並びに外壁及び軒裏の構造)(の)(ゆ)

二面以上の断面図
縮尺、床の高さ、各階の天井の高さ、軒及びひさしの出並びに軒の高さ、及び建築物の高さ

(は)基礎伏図

各階床伏図
縮尺、並びに構造耐力上主要な部分の材料の種別及び寸法

小屋伏図

構造詳細図

構造計算書
一、建築基準法施行令(以下「令」という。)第82条の2に規定する特定建築物(以下「特定建築物」という。)以外の建築物の場合(の)建築物の概要、構造計画、(特定建築物に該当しないことの証明を含む)、応力算定及び断面算定(の)

二、特定建築物で高さが31m以下のものの場合(の)建築物の概要、構造計画、応力算定、断面算定並びに令第82条の2に規定する構造計算及び令82条3又は令第82条の4に規定する構造計算

三、特定建築物で高さが31mを超えるものの場合(の)建築物の概要、構造計画、応力算定、断面算定並びに令第82条の2及び令82条4に規定する構造計算

(に)室内仕上げ表
令第129条に規定する部分の仕上げの材料の種別及び厚さ

(ほ)道路の配置図
縮尺、方位、敷地境界線、前面道路及び前面道路が接続する法第52条第6項の特定道路の位置及び幅員並びに当該特定道路から敷地が接する前面道路の部分の直近の端までの延長(の)(こ)(あ)

(へ)日影図
縮尺、方位、敷地境界線、敷地内における建築物の位置、建築物の各部分の平均地盤面からの高さ、法第56条の第1項の水平面(以下この表において「水平面」という。)上の敷地境界線からの水平距離5m及び10mの線(以下この表において「測定線」という。)建築物が冬至日の真太陽時による午前8時から1時間ごとに午後4時まで(道の区域内にあっては午前 9時から1時間ごとに午後3時まで)の各時刻に水平面に生じさせる日影の形状並びに建築物が冬至日の真太陽時による午前8時から午後4時まで(道の区域内にあつては午前9時から午後3時まで) の間に測定線上の主要な点に生じさせる日影時間又は水平面に生じさせる日影の等時間日影線(の)

3.設計図書(図面種別)一覧
1)意匠図

●配置図
敷地の大きさ・高低差・地形・方位及び敷地内のどのような位置関係に建物が建てられるか、敷地周囲の道路(私道・公道)幅員を示します。

●平面図
一般的には「間取図」とも呼ばれ建物各階の床から高さ 1.0(m)程度の位置で水平に切断して、これを上から見た建物の断面を画き表示されます。
間取り・開口部(窓・出入り口)・壁等の位置と量を示します。
設計図の総括的な図面として他の詳細図を描く上での基本となります。

●立面図
計画建物を外観として見たもので各面(東・西・南・北)を水平投影し描かれる図面です。
窓・出入り口・壁等の高さ・幅(大きさ)を示します。
平面図と同様に総括的な図面として他の詳細図を描く上で基本になる図面です。

●断面図
建物の中間を、垂直方向に切断し建物の内部構造(床の高さ・天井の高さ)や階高等の関係を描きます。

●展開図
各室内の仕上げ・デザイン等を示す図面で、一室内の垂直面を展開して表す、垂直関係と平面図に表せない水平寸法、使用材料・仕上げ・施工方法を記載・表示します。
各室の壁面・窓(出入り口)の高さ・位置・天井の高さを示します。

●伏図(天井伏図)
天井・屋根等の骨組(構造)を上から見た状態で描いた図です。
天井伏図の場合は、平面図と同じ扱いで上から天井の表面を見た様に描き、寸法・仕上材等を記載・表示します。
点検口の位置と数・竿縁・敷目天井の方向(模様合わせ)を示します。

●伏図(屋根伏図)
屋根伏図は屋根を上から見た図で一般には、棟・谷の位置、屋根の形状・雨水の流し方向・瓦等の屋根仕上材や軒どい・立どい等を記載・表示します。

●矩計図
縮尺=1/20又は1/30で表示され、建物の高さ・骨組(構造)等を詳細に記載・表示されるもので、高さ関係を詳細に規定・表示し、材料・仕上方法・工法等丁寧に記入され建築施工図として重要な図面です。

●詳細図
縮尺=1/20又は1/30で表示され、玄関・ホール・階段・勝手口等の特殊な部分の平面詳細・矩計詳細が描かれ、壁内の細部厨房(周囲)関係・便所・他の床高や天井高が異ったり、仕上げ仕法の指定等の特に注意すべき点を記載・表示します。
床組の部材・太さ・間隔  小屋組(小屋裏)の部材の太さ・間隔。

●建具図
縮尺=1/20又は1/50 平面図に示された位置の建具の種類・工法・材(質)料等を規定するため、建具に記号を付け、これらの立面や断面を画いて、材(質)料・大きさ・詳細寸法・工法・建具金物・仕上げ・本数・ガラス等の仕様を記載・表示します。

●仕上表(仕様書)
外観・室内等の仕上げ・工法・建物全体の工事区分を明確にするために作成・表示(一覧)です。

●外構図
計画建物の敷地外周りの門・塀・玄関周囲の形状・造園・植栽等を示します。

●道路配置図
計画建物敷地に接する(周囲)道路が公道・私道の区分、その幅員 高低差等を記載・表示します。

●日影図
計画建物が敷地の地域(規制)別によって、日影規制制度に抵触する場合に、計画建物の太陽光線により建築物が落とす影(日影)の一日の時間ごとの形状・または等時間日影曲線を表します。

2)構造図

●地盤調査(報告書)
敷地の地盤が自然層(自然のままに)で構成されてる地盤なのか、造成地(人為的に造られた地盤なのか)の確認と、計画建物の総重量と地盤耐力、地下水位・柱状図 等を調査・試験等を施した報告書です。

●基礎伏図
計画建物の総重量を地盤に伝達する部分(基礎・形状)を平面的に描いた図です。
Anchor Bolt(アンカーボールト)・床下換気口・束受け基礎等の位置・大きさを示します。

●床伏図
床の構造・梁の位置・架構(骨組)・部材寸法等を平面的に描いた図です。
土台・大引(オオビキ)・火打ち(ヒウチ)等の配置・部材の太さ・根太(ネダ)(床骨組)の太さと間隔等を示します。

●小屋伏図
屋根を支える骨組・和小屋・洋小屋・扠首(さす)組・垂木小屋等木造屋根構造(骨組)を上から見た状態で描かれた図です。

●軸組図
土台・柱・梁・桁・筋交い等で構成される軸組みを、通り別に立面的に描かれた図です。
筋交いの位置・量「タスキ掛け(ダブル)・方タスキ(シングル)」等を示します。

●構造詳細図
構造(骨組)計画に基ずいて必要に応じて構造計算を行い、機能性・経済性・安全性等のバランスが良い構造形式・材料・部材配置・部材形状等の詳細に記載・表示されてる図面です。

●構造計算書
構造(骨組)計画に基ずて設定された構造物の部材形状を仮定し、適切な設計荷重に対して設計条件が満たされてることを構造解析によつて確かめられた計算書です。

3)設備図

●電気設備
幹線・支線配線図・照明・コンセント・スイツチ・分電盤の位置・電話回線・光ケーブル引き込み有線(テレビ)引き込みの有無等を記載・表示されてる図面です。

●空調設備
換気・冷暖房(床暖・エアコン)等に関した事項を記載・表示されてる図面です。

●衛生設備
給・排水図・上下水道・し尿浄化槽・汚水処理・ごみ処理設備便器・洗面器・給湯機器・浴室(UB) 等の指示事項が記載・表示されてる図面です。
水栓の数・位置(使用型番)等を示します。